注文住宅を建築する工務店グループ。イシンホーム住宅研究会。 注文住宅を建てるイシンホーム住宅研究会は、注文住宅の建築を天職とする工務店グループです

  • お客様の声
  • ムービーギャラリー
  • フォトギャラリー
  • ブログ

完成保証は履行されない場合もある N01

2010年05月30日(日)
マイホーム取得には、2つの大きなリスクがあります。建築中に請負った施工会社が倒産すること、会社の倒産、リストラなどでローン支払いが困難になることです。建築中に施工会社が倒産した場合のリスク回避策として、完成保証制度があります。万一倒産の場合、保険会社が代わりの会社に残工事を依頼し、建物を完成させるという制度です。

 完成保証制度により、施主のリスクは完全に回避できると考えられています。本当でしょうか? 実は60%以上、保証金は支払われていません。その場合、施主は二重にローンを組む、あるいはマイホームを諦める、という2つの選択しか残されません。もちろん支払った契約金等は1円も返ってきません。

 なぜ保険金が支払われないのか? ルール以外ことが行われているからです。全ての保険にルールがあるように、完成保証保険にもルールがあります。各保険会社により多少異なりますが、「工事着手時30%、上棟後40%、完成後30%の金額しか施主に請求してはいけないし、それ以上の入金については保険の対象としない」というのが一般的です。

3000
万円の家を契約し、契約時に1000万円を工務店に支払った、当該工務店は10日後倒産した。

このケースでは、どうなるでしょうか?


  • お問い合わせ
  • 資料請求