イシンホームの家づくり

日本に住むなら知っておきたい耐震と免震の違い

住まいは暮らしの基礎となる場所であることから、健康住宅やエコ住宅など快適性や健康面を考えた家を建てる方は少なくありません。
しかし、安心・安全な暮らしを送るには地震に備えた住まいにすることも必要です。地震に対応した工法には「耐震工法」と「免震工法」がありますが、ふたつの違いをご存じでしょうか?

免震工法

免震工法

免震工法とは地盤と建物の間に免震装置を設置し、地震による揺れを吸収して建物に揺れが伝わりにくくする工法です。

建物へ伝わる震動が軽減するため、家具の転倒や破損など建物内部の二次災害の発生リスクを軽減するメリットがあります。地震による建物内部の安全性でいうと免震工法が優れていますが、台風や津波には弱く、費用が高いのがデメリットです。

また、軟弱地盤には使用できません。免震工法を取り入れた新築を建てる際は、費用や立地、環境などをしっかり考慮して決める必要があります。

耐震工法

耐震工法

壁材や柱を強くしたり補強材を入れたりして、建物自体の強度を上げる工法です。

揺れに強く倒壊リスクは軽減しますが、上の階層ほど地震の揺れが大きくなり、家具の転倒などの危険があります。

しかし、昨今は家の強度を上げるだけではなく、他の工法を組み合わせて地震による揺れを軽減するものも増えてきました。また、転倒防止装置などを活用すれば、家具の転倒などの二次災害を防ぐことができます。

免震工法よりも費用が安く、もっとも普及している工法です。

新築を建てるなら、どっち?

地震対策として有効なのは免震工法ですが、耐震工法の数倍の費用を必要とし、他の災害には弱いリスクが伴います。
建てる条件を満たしているのであれば免震工法はおすすめですが、長い目で見ると耐震工法が安いという利点があります。家は決して安い買い物ではありません。

共働きでも月々の支払いが負担になるようであれば、安全性はあっても楽しく幸せを感じる住まいとは程遠くなることでしょう。耐震工法の技術は進み、安全性も向上しています。どちらもメリット・デメリットはありますので、新築を建てる際は将来や費用面なども考慮して決めることが大切です。

健康住宅や新築、地震に強い家づくりなら、ぜひ弊社をご用命ください。
弊社では大きな地震による揺れを軽減する減震ブレーキを標準装備し、材料の接合部分にはHEIG金物を用いて断面欠損を減らし、往来の住宅よりも耐震性を高めた住まいをご提供しています。弊社では安全性や快適性はもちろん、そこに暮らすご家族の笑顔が増える住まいをお作りいたします。