イシンホームの家づくり

建て替えとリフォームの違いって?

新築の家も築年数が経てば老朽化が進み、あちこちでトラブルが発生します。老朽化に伴い、建て替えかリフォームを検討している方もいるのではないでしょうか?
両者にはそれぞれメリット・デメリットがあり、家の状態や目的などを考慮して選ぶことが大切です。

リフォームの特徴

リフォームの特徴

使えるものはそのまま使用し、老朽化した内外装や設備などを新しくするのがリフォームです。

使用できる部分はそのまま残すため、廃棄物も少なく、仮住まいを探す必要はほとんどありません。また、建て替えよりも工事期間が短いのもメリットといえるでしょう。ただし、家の老朽化は全体で進んでいます。

そのため、定期的なメンテナンスを必要とし、5年後、10年後には、大掛かりなリフォームが必要になるケースもあります。その場合、建て替えよりも多くの費用が発生する可能性があるので注意が必要です。

また、家の構造によっては間取りが変更できないこともあります。

建て替えの特徴

建て替えの特徴

家を解体して、基礎から構造まですべて新しく建てることが建て替えです。

家を建てるのですから、新築同様に不動産取得税や登記免許税など各種税金の支払いが発生します。
また、仮住まい先を探して引っ越しをしなければならない、工事期間が長いなどのデメリットもあります。

しかし、家の設計の自由度が高く、不満を感じていた設備や間取りなどの問題をすべて解決できるのも特徴です。例えば、注文住宅の建て替えなら、収納が多く広いキッチン家事が楽になる動線を考えた間取り、転倒防止を考えた浴室など、快適で楽しく今の家族構成に適した住まいにできます。建築費は高くなりますが、家の老朽化に伴うメンテナンス費用などは少額で済みます。

リフォームと建て替えで迷ったときは、これから先の家の維持費なども含めて考えることが大切です。
建て替え費用とリフォーム費用、これから先20年間に発生する維持費などを比較し、損をしない選択をしましょう。

建て替えやリフォーム、新築のデザイン住宅など、住まいに関することなら弊社にお任せください。
弊社では、最先端の設備を導入した省エネ住宅や働くお母さんを応援する家事になる工夫が施された住宅など、お客様が笑顔になる住まいのご提案・ご提供を行っています。家事をもっと楽にしたい、光熱費をもっと節約したいなど、住まいに関することならお気軽にご相談ください。