イシンホームの家づくり

一戸建てと賃貸どっちがお得?

生活の中心となる場所である住まいには、一戸建ての購入と賃貸のふたつの選択肢があります。
結婚や出産など人生の転機を迎えたとき、どちらかを選ぶこともあるでしょう。一戸建てと賃貸にはそれぞれ特徴があり、メリットデメリットが異なります。
ふたつの違いを理解してご自身にあった住まいを選びましょう。

賃貸のメリット・デメリット

»メリット
メリット

賃貸物件の最大のメリットは、なによりも身軽さです。
今の住まいに不便さを感じたり転職をしたりしたときに手軽に引っ越しができます。
また、大半のマンションは防犯カメラが設置されている、管理人がいるなどセキュリティ面に優れているのもメリットです。

»デメリット

手軽に住まいを変えられるのは嬉しいメリットですが、賃貸は引っ越しの度に敷金礼金など様々な引越し費用が発生します。また、場合によっては家賃以外にも管理費や駐車場代なども支払わなければなりません。生活面に関しては、集合住宅のため生活音など他の居住者に迷惑をかけない配慮が求められます。

戸建てのメリット・デメリット

»メリット
メリット

戸建ては建てる際に、ご自身の要望を詰め込んだ自由度の高い設計が可能です。
間取りや設備、建材などにもこだわることができます。また、集合住宅とは異なり、隣の住居とある程度距離があるのでプライバシーも守りやすく、生活音もそこまで気にする必要がありません。

»デメリット

戸建てを購入したら、賃貸物件のように気軽に引っ越しはできません。
家は決して高い買い物ではないため、高額なローンを組むことが大半です。
他にも、セキュリティはご自身で意識する必要がある、修繕は自分で計画的に行わなければならないなどの負担が多数あります。

生涯コストを考えるとどちらがお得?

いざ賃貸か新築一戸建てにするかの選択肢を迫られたとき、大きな判断材料となるのが金銭面ではないでしょうか?
賃貸はローンを組む必要はありませんが、生涯、家賃を支払い続けなければなりません。そのため、老後のことを考えて老後資金を多めに蓄えておく必要があります。戸建ては高額のローンを組む必要があり、メンテナンス費・修繕費、固定資産税などの支払いも発生します。

しかし、ローンの支払いを終えたら、持ち家と土地は資産となります。
また、昨今は家の自由度が高く、ソーラーパネルを設置して売電で得た収益をローンにあてるなどをすれば、修繕費や税金ローン対策が可能です。
賃貸と戸建てどちらがお得なのかは、物件の立地条件やその方が住まいに求める条件などによって変わるため一概には言えません。

しかし、昨今は家も進化し、光熱費削減や収益を得られる様々な設備や機器が生まれています。それらの点も考慮すると、導入しやすい戸建てのほうに分配が上がるのではないでしょうか。

弊社では、太陽光パネルを設置し、売電収入でローン対策が可能な住まいをご用意しています。
得する住まいをお探しなら、ぜひ弊社のご利用をご検討ください。皆さまのご利用を心からお待ちしております。