イシンホームの家づくり

住宅が人に及ぼす健康被害

住宅による代表的な健康被害にシックハウス症候群が挙げられます。
シックハウス症候群以外にも、住宅が原因で発症する健康被害は数多くあることをご存じでしょうか?

多くの健康被害をもたらす結露

多くの健康被害をもたらす結露

光熱費の削減、温度差によるヒートショック対策に有効など、様々なメリットを持つ高気密・高断熱住宅ですが、懸念すべき点として結露が挙げられます。

外気と室内の温度差が大きくなりやすく、湿気がこもって結露が生じやすいのです。
結露は窓など目に見える場所だけではなく、壁内にも発生する可能性があります。壁内の結露は、手の届かない場所なので簡単に取り除くことはできません。もし結露をそのまま放置しておくとどうなるのでしょう?

結露はカビやダニを発生させ、喘息やアレルギーなどの健康被害をもたらします。
また、高気密・高断熱住宅がもつ室内の空気を逃がさないメリットは、一転してダニやカビを室内に閉じ込めて健康被害を進行させるデメリットとなり得るのです。

注意したい化学物質過敏症

注意したい化学物質過敏症

シックハウス症候群と似た疾患に「化学物質過敏症」があります。
シックハウス症候群は住まいの様々な要因で発生するのに対し、化学物質過敏症は建材や家具だけではなく、化粧品や煙草など日用品に含まれる化学物質にも反応して発症します。

現在はあらゆるものに化学物質が使用されている時代です。
化学物質過敏症を発症すれば、日常生活に支障をきたすことは容易に想像できることでしょう。化学物質過敏症の発症原因は多岐にわたりますが、シックハウス症候群が悪化して発症するケースも見られるようです。

新築一戸建てをご検討の際は、健康住宅を得意とする工務店を選び、健康被害も考えた住まいを建てることが大切です。

上記でご紹介したもの以外にも、住宅傾斜や電磁波などが原因で健康被害をもたらすケースもあります。
安心して住める新築戸建にするためにも、信頼できる工務店を選び、納得のいく家を建てることをおすすめします。

健康を考えた新築をお考えなら、ぜひ弊社をご用命ください。
弊社では、お客様のニーズにお応えするプランを多数ご用意しました。理想を叶えるデザイン住宅スマートハウス、健康面を考えた健康住宅設計も行っています。全国に店舗がありますので、工務店をお探しならお気軽にお近くの店舗にお立ち寄りください。