イシンホームの家づくり

家の健康は人の健康

あらためて知っておきたい「シックハウス症候群」

家は生活の中心となる心と体を休める場所です。
しかし、安らぎの場所である住まいが原因で心身の不調を引き起こすことがあります。その代表的な疾患が「シックハウス症候群」です。
シックハウス症候群とは英語で「Sick House Syndrome」、直訳すると「病気の家」という意味を持ちます。住宅の高気密化や高断熱化、カビや化学物質による室内汚染など、家に関することが原因で引き起こされる健康障害を総称して「シックハウス症候群」と呼びます。

シックハウス症候群の原因と症状

»原因
原因

シックハウス症候群を引き起こす要因は多岐にわたります。

建材に含まれる化学物質、家具に用いられる接着剤や塗料、他にも花粉やカビなどで発症することもあります。
また、室内の温度変化や騒音、光など環境によるストレスも、シックハウス症候群を引き起こす要因です。

»症状

シックハウス症候群の症状は、体にも心にもあらわれます。身体面では目の痛みや頭痛、鼻水、耳鳴りなどです。
精神面では不安感や疲労感、集中力・記憶力の低下などが挙げられます。

健康に、そして安全に暮らせる健康住宅を

健康に、そして安全に暮らせる健康住宅を

シックハウス症候群の問題が起きたときに国は、対策としてシックハウス症候群の原因となるクロルピリホスの使用禁止、ホルムアルデヒドの使用制限、換気設備設置の義務化など様々な規制を設けました。

しかし、シックハウス症候群の原因となる化学物質をすべて規制してはおらず、問題が完全に解決したわけではありません。また、シックハウス症候群は住まいに感じるストレスによっても生じるため、化学物質だけ対策しても意味をなさないのです。

ご家族の健康と幸せを考えた住宅として、多くの方々から支持を集めているのが健康住宅です。
健康被害をもたらす要因を取り除き、身体に優しい設計で建てられた健康住宅は、家族の健康と笑顔を守る住まいといえるでしょう。

これから新築戸建てを建てるご予定の方は、安心して住める健康住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では健康住宅やエコ住宅、共働きのご家庭を応援する家づくりなど様々なタイプの新築に対応しています。
また、お客様のニーズにお応えできるように耐震構造や省エネ設備なども標準装備いたしました。健康住宅では、PM2.5を除去する新型アレルノンフィルターや蛇口一体型浄水器など、健康を守る様々な設備を導入しています。新築やリフォーム、建て替えなど住まいに関することなら、お気軽に弊社にご相談ください。