イシンホームの家づくり

住宅設計のときに意識したい収納設計のポイント

新しい家づくりに向けて住宅設計をお考えなら、収納を意識して設計することがおすすめです。
利便性の高い収納設計は、快適な暮らしを実現するうえで大切なポイントとなります。

暮らしやすさにつながる収納率

暮らしやすさにつながる収納率

住み心地の良さを実現するためには、必要なものを整理整頓できる便利な収納スペースをつくることが重要です。
生活をする上で必要となる物は家族構成や住む人によって異なりますが、収納スペースをつくる際に目安となるのが住宅の大きさに合わせた収納率です。

一戸建ての場合、必要となる収納率の目安は住まい全体の約12%と言われています。
この収納率は、床から天井までの空間すべてが収納スペースとなっている場所であり、腰の高さまでしかない下駄箱や階段下などの比較的小さなスペースは収納率に含まれません。

また、収納率だけではなく空間の奥行きを活かした収納スペースや、しまいたい物の大きさに合わせて見栄え良く収納できるスペースがあれば、整理整頓やストックの管理がしやすく利便性の高い住み心地を実現できます。

空間に合わせた収納スペース

空間に合わせた収納スペース

収納は物を片付けるという目的で、使いやすさや機能性を意識して設計していきますが、空間に合わせて収納スペースをつくることも大切です。

例えば、空間を広く見せたいリビングは、カウンター型やベンチ型など目線の低い収納スペースを設けることで、視線を遮るものがなくなり開放感のある雰囲気を実現できます。

また、玄関脇にクローゼットがあれば、靴だけでなく濡れたコートなどをしまうことができます。
玄関と同じ床続きにすることで家の中に汚れを持ち込まずに済むので、あると便利な収納スペースのひとつです。

新築一戸建てをお考えなら、岡山にある弊社をご利用ください。
省エネ対策に効果的な太陽光発電を取り入れた住宅設計や、より暮らしを豊かにする空間づくりのお手伝いとしてリフォームを行っております。
太陽光を屋根いっぱいに敷き詰めた迫力のあるデザインは、高い収益性を期待できます。地域に根付いた工務店としてお客様が笑顔で暮らせる生活空間の実現を目指しておりますので、新築住宅に関することならお気軽にご相談ください。様々な住宅設計を見学できる住宅展示場も行っております。