イシンホームの家づくり

注文建築と分譲住宅(建売)の違いって?

新築住宅には注文建築と分譲住宅(建売)がありますが、新しい住居を購入する際はどちらを選べば良いのでしょうか。
注文建築と分譲住宅(建売)の違いを知ることで、自身の希望に合わせた住宅選びができます。

こだわりを実現できる注文建築

こだわりを実現できる注文建築

注文建築は家を設計する段階から住む人の要望を取り入れ、こだわりの住宅を建てていく方法です。
希望の間取りや素材を使って思い通りの居住空間を実現しやすく、外観や内観のデザインにもこだわりを反映することができます。

また、将来を考えて間取りの変更やリフォームを行うことを視野に入れた設計を行うと、ライフサイクルに合った住まいで暮らすことが可能です。それだけでなく、こだわりたい部分にはしっかりと費用をかけ、その他の部分は安く抑えるといった予算の調整を行うことができるのも魅力です。

購入から入居まで時間はかかりますが、住まいのこだわりやライフスタイルを反映できる注文建築は、満足度の高い住まいとなるでしょう。

資金計画やスムーズな入居を考える分譲住宅(建売)

資金計画やスムーズな入居を考える分譲住宅(建売)

分譲住宅(建売)は土地と建物がセットになっており、新築住宅がすでにできあがっている状態、もしくはできあがる直前で販売されている住宅です。

注文建築とは違い、幅広い購入者をイメージして設計していることからデザインのオリジナル性が低く、入居後に思い通りの空間をつくれない場合もあります。

しかし、販売価格が明確になっているので予算オーバーになりにくく、資金計画を立てやすいのが魅力です。
価格が抑えられるので、初めて住宅を購入する人や入居までの手間を少なくしたいという方におすすめです。

注文建築と分譲住宅のメリットとデメリットを把握することは、住まい選びで損をしないためにも大切です。
新築一戸建てを選ぶ際は、自身の生活環境や予算、住まいの希望に合わせて選びをしましょう。

高松周辺で新築住宅のご購入をお考えの方は、快適な住み心地はもちろん健康的な住まいづくりをサポートしている弊社をご利用ください。
工務店として充実したアフターサービスや、住み心地の良い環境づくりを目指すリフォームを行っております。弊社では太陽光発電を利用した省エネ住宅の設計を行っており、太陽光をより効率良く得られるような設計とともに仕上がりにもこだわったデザインが魅力です。省エネ住宅や健康住宅に関するご相談があれば、お気軽にご連絡ください。