イシンホームの家づくり

家を建てるときの「基礎」ってなに?

新築を建てるためには、土地の地盤や基礎づくりをしっかり行うことが大切です。基礎がしっかりしていると、安全面はもちろん住宅の寿命も長くなります。

基礎づくりの種類

基礎づくりの種類

家を建てる際の基礎づくりは、直接基礎と杭基礎に大きく分けられます。

直接基礎は3つの種類に分けることができ、その1つである独立基礎は建物の柱となる位置に単独で設ける基礎となります。傾斜地や玄関ポーチの柱に使われることが多く、玉石という石の上に直接柱を建てることで住宅の重さを支える方法です。

2つめはベタ基礎と呼ばれ、床一面をコンクリートで覆う方法です。
地盤の状態に関わらず行うことができ、底部分を床下防湿と兼ねられることで工事にかかる手間が軽減されます。

3つめは、地盤の強さや適切な地盤改良を施した場合に採用できる布基礎です。床にコンクリートを打設した後さらに立ち上がりのコンクリートを打設し、その上からまた床下防湿のためのコンクリートを打設していきます。

しっかりとした地盤づくりの大切さ

しっかりとした地盤づくりの大切さ

基礎工事は地形や建てる際の状況に合わせた方法を選びますが、同じ基盤づくりの方法を行ってもまったく同じ強度の基礎が完成するわけではありません。

その地域の気候や季節、使用するコンクリートの材質、施工業者の技術により強度は変化するため、基礎工事は状況に合わせて適切な施行をする必要があります。

また、しっかりした基礎づくりは、木造住宅か鉄筋コンクリート造など住宅そのものの荷重も密接に関係します。
建物に合わせて十分な強度の基礎をつくっていくことにより、安全で住み心地の良い生活環境が守られていくのです。

弊社では、住宅の安全面を配慮した基盤づくりとともに、暮らしていく中で役立つ嬉しい工夫を取り入れた設計を行っております。

新築一戸建てに関するご相談なら、デザイン住宅注文住宅などお客様のご要望に合わせた設計プランをお考えする弊社にお任せください。
地域に根付いた工務店として、お客様が笑顔で暮らせる新築住宅の実現をサポートさせていただきます。新築住宅はライフスタイルの変化に合わせてリフォームを行うことにより、いつまでも住み心地の好い環境を目指せます。様々なデザイン設計を見学できる住宅展示場もありますので、東京都周辺にお住まいの方は是非弊社をご利用ください。