イシンホームの家づくり

失敗しないために!知っておきたい失敗しやすい住宅設計、リフォームのポイント

住宅設計をしっかり考えたつもりなのに、実際完成したら後悔する点が出てくることも少なくありません。
失敗しやすいポイントを意識してしっかり対策を行い、幸せに暮らせる新築一戸建て住宅を手に入れましょう。

強い要望が言える関係性

強い要望が言える関係性

知り合いの紹介や親戚など親しい間柄がいる工務店へ依頼する方も少なくありません。
親しい間柄は信頼性の高さが魅力ですが、親しいが故に要望を強く言いにくかったり、難しい要望は遠慮してしまうことがあります。

本当はここをこうして欲しい、もう少しこうした方がイメージに近付くのではないか、といった考えをはっきり言える関係性でなければ、満足する家づくりを目指すことが難しくなります。

こだわりのある生活空間を実現させるためには、はっきりと要望を伝えることができる関係であることが大切です。

住む土地に合わせた対策を

住む土地に合わせた対策を

新築を建てる上で立地の気候の変化はもちろんですが、外部からの音や振動などまわりの環境がどのように暮らしに影響を与えるかを考えることも大切です。

大きな道路の近くや人が集まりやすい場所が近くにあることを考慮せずに設計してしまうと、一日中外からの音や振動が気になって落ち着いて暮らすことができないといった状況となってしまいます。

老後に近付くにつれて後悔する設計

設計を完成させた時点では完璧な住宅だと思っていても、年齢を重ねるにつれて家の中の段差が気になってくることがあります。
階段の段差が高いことや、住宅の様々な場所に段差があると老後の生活に心配が出てくるでしょう。床の段差をなくす、階段や廊下に手すりをつける、生活動線を単純化して移動しやすくするなど、バリアフリーのためのリフォームは様々です。

家の設計によってはリフォームができないケースもあるので、将来リフォームすることを視野にいれた設計をすると良いでしょう。

家づくりは家族の幸せへとつながる一大プロジェクトです。弊社はお客様の幸せを実現できるように、家づくりをしっかりサポートしております。
新築住宅の設計をお考えなら、太陽光発電を取り入れた省エネ住宅や、健康面や素材の温かさに注目した健康住宅などを手掛けている弊社をご利用ください。
太陽光発電を取り入れた新築住宅の設計は、住宅展示場にてご覧いただけます。高松や徳島など全国に会員店がございますので、お気軽にご相談ください。