住宅の安全性

安全性能

防災科学研究所での耐震実験により安全性能が科学的に立証された

※再生すると音がでます。

つくば市文部科学省 防災科学研究所(茨城県)で阪神大震災が四回連続起きた場合を想定したハードな実験が行われました。(屋根裏に3tの鉄板、屋根裏に1tの鉄板で負荷をかけています。)

実験は東京大学、九州大学、工学博士の協力により厳密な測定のもと科学的に耐震技術が研究されました。
阪神淡路大震災と同じマグニチュード7の揺れで実験した結果あっという間に家具や食器は吹き飛びました。
その実験を4回繰り返して専門家たちが各所を点検して回ったが躯体においてはほとんど異常も感じられず、クロスの部分においてわずかな亀裂が見える程度。

さらに重要な構造部には全く損傷がないという結果強さと安心が科学的に裏付けられました。

その科学的な根拠の裏付けとして下記のような世界一建材があります。




世界No1建材
安全性能 快適性能
健康性能 経済性能