イシンホームの歴史

イシンホームの住宅の歴史



イシン・モダンキューブは、母親が一日の大半を過ごす“キッチン”を暮らしの中心に配置。
“キッチンから良い子育て”ができる“育みプランを”考えました。
母親が料理をしながら、子どもの目を見て学校での出来事を聞いたり、宿題を見てあげることができ、しっかりとコミュニケーションが図れます。

また、リビングの続きに照らすを設け、家族が四季に応じて楽しめるふれあい空間をご提案。
夏はバーベキュー、冬はクリスマスツリーを飾ったり、また日曜大工や午後のティータイムなど、家族の個性やライフスタイルに合わせた使い方が自由自在。

夢のある伸び伸びした子どもの心、そして家族の心を育むことのできるふれあい空間を設けています。



日本は、人口の5人に1人が65歳という、高齢化社会が進んでいます。高齢になっても、心も体も健康に過ごしていきたいというのが、多くの方々の願いです。
高齢化社会は今のお年寄りだけではなく、私達もいつか通る道です。「親孝行の間取り」を考えると自分達にも幸がきます。

介護が楽な間取りも大切なこと。

創作の家には親子に世代が心地よく過ごせる工夫が盛り込まれています。
親世代にとって使い勝手のよい空間づくりはもちろんのこと、子世代にとっても、子どもを育て易い工夫。
家族全員がコミュニケーションをとりやすい間取りなど、創作の家は温かい絆を育む家なのです。



三蔵奉仕は3つの蔵を持つ2階建て5層の家。
●床下に広がる“アウトドアポケット”
●アルバムをめくるように心を楽しむ“思い出ポケット”
●将来への夢が広がる“天の川ポケット”

その他にもの家族で楽しむ自宅専用の映画館など、家族の絆を強める仕組みがいっぱい。
空間の立体利用で1.5倍広く使え、収納もたっぷりです。



ヒポクラテス三蔵は、家族の健康を回想法など精神的な免疫力を高めることを研究するうちに、家の中に映画館を造るなど、家族の笑いが絶えない愉快な空間ができました。

また、体の温度を高める暖かい家を考えるうちに、必然的に省エネ住宅ができました。

震災の後、強い家をつくって安心していただいた様に、癌を少なくすることを目指した家庭環境づくりを、建築家として支援していきます。



現代では悩みやストレスを感じている人が、成人が約50%、こどもが35%と、右肩上がりで増えています。
そのストレスが原因でガンが急増、あるいは子どもが不登校になるなど、豊かな時代に悩みは増えました。

しかも、お母さんで育児に自信がない人が80%もいらっしゃってます。
そこで、簡単なストレス解消生活の考え方から、人生ナビつき住宅を設計しました。
生活習慣が自然と身につく家で暮らせば、ストレスは吹っ飛び、大笑いする愉快な生活が始まります。



◎現在のアパート家賃並みの支払いで済ませたい。
◎品質も大切。安かろう、悪かろうの家は嫌。
◎家計簿を節約したい。
という要望に応えた家が「サンクス20」です。

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック2年連続受賞の「エコ・アイ工法」をはじめ、全室の照明器具やカーテン、食器棚、節水トイレまで標準装備。

全国160社のイシンホーム住宅研究会員による一括仕入れや、流通体制の見直し、PBブランド建材の開発などによりフル装備の新築がアパート家賃並みの価格で手に入るようになったのです。



2009年、2010年連続して、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリックを受賞。
エアコン1~2台で全館冷暖房を目指したのがEco-i住宅です。

地球環境に優しいだけじゃなく、電気料金や、原油価格が上がり続ける私たちの未来を最も安全でシンプルに生きていくための生活スタイルです。

この「Eco-i」は、太陽光を上手に活用するシステムやCo2削減の設備や高断熱性を追求し、結果としてきれいな空気で健康に暮らせ、光熱費を節約できる優れた住宅を実現しました。



立体空間利用で3階建て6層の、遊び心と楽しみがいっぱいの家「サンクス遊民」ができました。

LDKから続く、楽しい趣味の空間「遊民BOX」をはじめ、夢と創造力にあふれた子どもを育てる「天の夢ポケット」、家族一緒に外で遊べる「アウトドアポケット」、120イシンの
大画面で見る「わが家の映画館」、家族のギャラリー「思い出ポケット」、多目的に楽しめる「スカイハイバルコニー」など、子育てを楽しくし、趣味のある暮らしを楽しむ、こだわり住宅です。



HEIG設計住宅はお客様の不安やニーズをベースに開発。
創業から今日まで蓄積してきた全てのノウハウが活かされています。
そして今後、開発される新たなノウハウや設備もHEIG設計住宅に投入されていきます。

全ては家づくりの悩みを夢と希望に変えるため。HEIG設計住宅には家づくりのドキドキ、ワクワクがたくさん詰まっています。



HEIG設計住宅はお客様の不安やニーズをベースに開発。
創業から今日まで蓄積してきた全てのノウハウが活かされています。
そして今後、開発される新たなノウハウや設備もHEIG設計住宅に投入されていきます。

全ては家づくりの悩みを夢と希望に変えるため。HEIG設計住宅には家づくりのドキドキ、ワクワクがたくさん詰まっています。



世界一忙しい、日本の働くお母さんを応援する設備や工夫がいっぱいの家です。
しかも、暖かく、足触りの良い無垢材や、常に綺麗な空気を取り込んでくれるアレルノンフィルター、デザイン性に優れたオリジナル建材、ルーフバルコニーといった+αの空間など、生活を彩る楽しみや癒しが一杯です。



太陽光発電MAX住宅は、大容量の太陽光発電が標準装備の収益型住宅です。自分の家で使用する電力を賄うだけでなく、余った電力は電力会社に売却し利益を得る仕組み。

7層の高断熱の壁、室内の熱の90%を再利用するエコ・アイ換気システム、Low-eガラス、断熱サッシ、エコキュート、LED証明、IHクッキングヒーターなどの省エネ設備を標準装備。

発電した電気をより多く販売することができます。
約10kWの太陽光発電で年間40万円ほどの利益が上がり、ローンと光熱費を合わせて月々支払いが4万円台という夢のような住宅です。



大切な家族の命と、財産を守るために、東日本大震災発生の翌日から研究開発を始めたのがWRC鉄筋コンクリート工法の防災住宅「シェル・トゥ・ウィン」です。

外壁には最も強度に優れる鉄筋コンクリート、内装は住み心地を追求した木造住宅という、ハイブリット住宅です。

独自開発の特許工法(WRC鉄筋コンクリート工法)により、工期を大幅に短縮。工法の合理化で一般木造住宅なみの価格で鉄筋コンクリート住宅を提供することができるようになりました。

日本各地で、これでもか、これでもかというくらい災害が相次いでいます。また、南海トラフなどの巨大地震も懸念されています。

WRC鉄筋コンクリート工法の防災住宅「シェル・トゥ・ウィン」が家族の安全を守ります。



イメージだけが先行しているスマートハウス。各社バラバラで、中には消費者にとって明らかに不利な提案もある。

そうした中、最高の経済性と防災力を誇るスマートハウス「MAXスマハ」を開発。最高クラスの省エネ設備をベースに太陽光発電システムや集熱パネルがエネルギーを生み出し、収
益を上げる。
「MAXスマハ」は、まさにエネルギー不足、増税対策に適した住宅です。



当初20年間ローン0円を目指す」という夢のような家が誕生。
ローン0円住宅だ。ローン0円住宅は固定買取制度を利用して、ローン返済額と同等の売電収入を得ることにより、当初20年間のローン支払い額実質0円にするという仕組み。

そのため、使用する太陽光パネルは劣化の少ない純度99.9999999%のシリコンを用いたトップクラスの品質。加えて、96%の変換効率を誇るパワーコンディショナーを組み合わせ、売電収入を最大化した。
さらに、W断熱の壁、熱交換率90%の「エコ・アイ熱交換換気システム」、「Low-Eガラス」+「オール樹脂サッシ」を使った高断熱の窓、エコキュートなどの省エネ設備を標準装備。
門、ガレージまで付いたスマートハウスが「ローン0円で建てられる」という提案だ。20年間、ローンの支払い0円で、ゆとりの生活を送るもよし、ローンを払いつつ、売電収入を繰り越し返済に充てて、大幅に返済期間を短縮するのもよし。
ローン0円住宅ならではの人生設計が可能になっている。
二世帯、単世帯合わせてプランを用意。是非、参考にしていただきたい。

イシンホームの家づくりとは
イシンホームの家づくり

HEIG自由設計とは
住宅フランチャイズ
家づくりの流れ
イシンホームの歴史
保証