MAXスマハ

エネ屋根と省エネ設備で賢く収益アップ

今スマートハウスというものはイメージだけが先行し、明確な定義もないまま独自の理論を持ち優位性を訴えている会社が多いように思います。スマートハウスとは使用する電気機器・ガス機器も効率の良い省エネ設備を採用し、エネルギーモニターを住まい手が見ながら電気の発電量を確認できる家のことを指します。
省エネ設備は建てる家によって様々な違いがあります。 内観デザイン そういう考えに対しイシンホームは、スマートハウスの定義を明らかにしたうえで最高の省エネ設備を揃えた住宅“MAXスマハ”を開発いたしました。
 
また、省エネ性だけでなく、太陽光パネルでより賢く収入を増やす考え方として、電力の余剰買取り制度(再生エネルギーの固定買取制度)を取り入れ、10年に渡る安定した高価買取を受けることのできるエネ屋根を搭載したプランもご用意。
 
収益=スマート設備という概念だけのイメージを払拭し、国が定めた法案を賢く利用した住宅。それがMAXスマハです。
 
ただし究極のスマートハウス“MAXスマハ”を裏付けるには根拠も大切です。
そのスマートハウスの根拠はイシンホームの最高の省エネ設備にあります。
MAXスマハはその省エネ設備が全て標準でついてきますので、予算を計上したうえで後で無駄なオプション費用が掛からないような仕様になっています。

  • トップページ