ぐっすり眠れてすっきり起床!「快眠」に導く家

未知のウイルスへの不安や生活習慣の変化によるストレスを、誰もが抱えているコロナ禍。その影響で眠りが浅くなったり、寝つきが悪くなったりと、「睡眠」の悩みを抱える人も増えたそうです。

睡眠不足は自律神経の乱れや免疫力の低下、肌荒れ、集中力の低下などさまざまな不調を引き起こすと言われています。

上質な睡眠には快適な温度・湿度静かな空間などの環境整備がとても大切。また、体内時計を整えることも必要です。下記3点に気を付けると、眠りの悩み改善が期待できます。

  1. 太陽光や照明で体内リズムを整えること
  2. 就寝前の室温に気を配ること
  3. 騒音をシャットアウトすること

イシンホームの家は、上質な眠りをサポートする要素がたくさん! 快眠に必要とされる、上記3つの条件をしっかり押さえた家づくりを行っています。

そこで今回は、「ぐっすり眠れる家」としての眠りサポート機能をご紹介します。

眠りサポート① 光の目覚まし時計で体内リズムを整える

朝日が昇るように、照明の色と明るさが変化する『光の目覚まし時計』

体内時計を整えてくれる効果が期待できます。

起床30分前になると、ほのかな明かりが灯ります。起床15分前には光の色も変わり、次第に明るさもアップ。そして起床時間になると100%点灯するとともに、アラーム音が鳴る仕様です。

『光の目覚まし時計』を導入したお客さまからは、「朝すっきり起きられるようになった」「午後の集中力が上がった」「子どもの寝起き・寝つきが良くなり、朝や寝かしつけの負担が減った」といった声が寄せられています。

眠りサポート② 冬も夏も就寝前の室温を快適温度にキープ

室内に設置された輻射式冷暖房エコウィン(写真左)

冬場は「足元が冷えて眠れない」「家の中が寒くて朝起きられない」「暖房による乾燥で夜中に目が覚めてしまう」など、寒さや冷えに睡眠が妨げられることも少なくありません。

イシンホームが取り入れている『輻射式冷暖房』は、赤外線の力で家全体を暖めるタイプの暖房です。

壁や天井、床と躯体を暖めることで部屋全体を均一な温度にしてくれるので、足元からじんわりあったか♪ 一般的なエアコンと違って温風が出るわけではないので、乾燥も防げます。冷え性や乾燥に悩む女性にも最適ですよ。

また夏場は、高断熱の屋根と壁が昼間の熱をシャットアウト! 2階の寝室は夜も涼しく、快適な空間に。「ジメジメと蒸し暑くて寝苦しい…」というお悩みを解消します。

こうした構造は光熱費の削減にもつながり、身体想いなだけでなくお財布にもやさしいのです。

眠りサポート③『7層の壁』が屋外の騒音を緩和

「自動車の音や人の声などが気になって寝付けない/夜中に起きてしまう」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご存じの通り、睡眠と音は密接に関係しています。

イシンホームが採用している『7層の壁』は高断熱で室内の温度を快適に保つだけでなく、屋外の音を届きにくくしてくれます。この7層の壁とペアガラスの窓の合わせ技で、騒音を和らげます。

夜勤などで人々が活動する日中に睡眠を取る、という生活スタイルの方にもオススメです。

上質な睡眠は、健康な心身に欠かせないもの。一生暮らすマイホームだからこそ、家族みんながぐっすり眠れる環境を整えたいですよね。

「睡眠」をキーワードにした家づくりを、ぜひご検討ください。

索引 HEIG自由設計MAXプラン 作品と実例辞典

同じカテゴリの最新記事

新築に太陽光発電を付けるべき? 設置のメリットや設置費用について解説!

暮らしの知恵

PM2.5や花粉の侵入を防ぐ! 住まいの換気システムについて

暮らしの知恵