室内での紫外線対策 UVカットできる窓を設置するメリットとは?

日差しが強い季節の外出時、日傘やサングラスを使用したり、日焼け止めを塗ったりして、紫外線対策をしますよね。ですが、家にいる時はどうでしょう?

実は、家の中にも紫外線は届いていて、肌やインテリアへの影響を考えると、その対策は欠かせません。そこで今回は、室内での紫外線対策の必要性について、“窓”の観点から解説します!

室内でも紫外線対策が必要?

屋根や壁で外から遮られている室内は、直接太陽光を浴びないため、「紫外線の影響をあまり受けない」と思われがち。しかし、実は窓から入ってくる太陽光にも一定量の紫外線は含まれていることをご存知でしょうか?

また、肌に悪影響を及ぼす紫外線には「UVA」と「UVB」の2種類あり、このうち「UVA」は波長が長く、通常のカーテンなら通過することも知られています。

これらを踏まえると、室内にいても紫外線対策が必要であることがわかりますよね。

室内で紫外線を防ぐメリット

室内における紫外線対策は、健康や美容にはもちろん、家や家具にとってもメリットがあります。

肌の日焼けや目への影響を軽減

紫外線の作用で、とりわけ無視できないのが人体への影響。まずは「UVA」と「UVB」がそれぞれ肌や目に与える影響から見ていきましょう。

<UVAの影響>

地上に降り注ぐ紫外線の約9割を占める「UVA」。波長が長く、肌や目の奥にまで作用するといわれています。肌の真皮にまで届いて、ハリや弾力を損なわせるなど、光老化を引き起こすうえ、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くすることも。目の角膜を傷つけ、白内障の原因になるともいわれています。

<UVBの影響>

「UVB」は、降り注ぐ量は少ないですが、肌への作用が強く、短時間でも肌の炎症を引き起こすといわれています。シミやそばかすの原因になるほか、表皮細胞やDNAを傷つけて、皮膚がんを発症する可能性も報告されています。

美容にとどまらず、健康も侵害しかねない紫外線。室内でも対策を行うことで、こうした影響を最小限にとどめることができるでしょう。

床や家具のダメージを軽減する

「長年置いていた家具を動かしたら、床に日焼け跡がくっきり」「青々としていた畳がいつの間にか茶色になって、表面がボロボロ」「窓際に置いていた家具の一部が変色した」…。このような家具や床のダメージの原因も、もちろん紫外線です。お気に入りのインテリアがいつの間にかダメージを受けていたら悲しいですよね。もし紫外線をカットできれば、手に入れたままの姿を大きく損なうことなく、長く愛用できることでしょう。

紫外線カットができる窓「アルゴンガス入りLow-E複層ガラス」

室内での紫外線対策は、住む人の健康や美容に対してメリットが大きいのはもちろん、家や家具などの劣化という点でも不可欠であることが分かりました。

室内での紫外線対策の方法には、「窓ガラスにフィルムを貼る」、「家にいる時も日焼け止めを塗る」などの方法が考えられます。しかしこれらは、手間も材料コストもかかり、なかなか実践できないもの。

そこでイシンホームでは、紫外線がカットできる窓「Low-E 複層ガラス」を標準装備としました!

「Low-E 複層ガラス」は、複層ガラスの内側に、熱の伝わりを抑えるLow-E膜をコーティングしたアルゴンガス入りの高性能ガラス。室内に入り込む紫外線を70%以上カットするので、家具やカーペット、畳、フローリングなどの日焼けや退色、変色なども予防できます。

さらに熱を伝えにくい性質のアルゴンガスが断熱効果をアップ。日射遮蔽性能も備えているので、夏は涼しく、冬は暖かい快適な暮らしが実現できるでしょう。エアコンの効きが違うので、光熱費が抑えられるのもうれしいポイントです。

イシンホームでは、このように紫外線をカットしながら、採光と照明計画に基づき、それぞれの家庭に最適な照度をご提案しています。気になる方は、ぜひご相談くださいね。

同じカテゴリの最新記事

新築の標準装備とは? 注文住宅で標準装備やオプションがあるのはナゼ?

新築・注文住宅について

住まいの災害対策。「停電しない家」のための備えについて

新築・注文住宅について