洗濯がラクになる!?ランドリールームで家事を効率化しよう!

家事の中でも特に作業工程が多く、時間と手間がかかる洗濯。脱衣所で洗濯機を回したら、ベランダや庭で干し、取り込んだ後はリビングで畳んで収納…と、作業ごとに家中を動き回るのは、とても面倒で疲れますよね。
そこで今回は、そんな洗濯の負担を減らしたい人にピッタリな「ランドリールーム」についてご紹介します!

ランドリールームとは?

ランドリールームとは、洗濯に必要な機能・設備を集約した部屋のこと。洗濯機や乾燥機、物干しスペース、アイロン台、収納棚などを一ヶ所にまとめることで、洗濯に関わる一連の作業を効率化できるように設計されています。

家中を歩き回る時間と手間を減らせるので、特に忙しい共働き世帯や子育て世帯などから注目を集めています。

ランドリールームのメリット

ランドリールームには、洗濯をラクにしてくれるメリットがたくさんあります。今回は、具体的なメリットを3つご紹介しましょう。

●天候や時間を気にせず洗濯物を干せる

外干しの場合、急な雨でせっかく干した洗濯物が濡れてしまうと、洗い直す必要があります。またリビングや洗面所に干すと生活のジャマになり、ストレスを感じることも。生乾きの臭いも気になるところです。

その点、専用の物干しスペースが備わったランドリールームがあれば、天候に左右されることなく快適に部屋干しができますよ。初めから洗濯を干すための空間なので、洗濯物で生活スペースが侵食される心配もありません。

またランドリールームは、洗濯物を干す時間を気にしなくて良いのもポイント。帰宅後や夜に洗濯を干したい人にもおすすめですよ。

●一連の作業を同じ場所で行えて効率的

「洗う」「干す・取り込む」「アイロンをかける」「たたむ」といった、洗濯の作業をまとめて行えるランドリールームがあれば、重い洗濯物カゴを持って、家中を行ったり来たりする必要はありません。移動時間を大幅にカットして作業に集中できるので、忙しい朝の負担も大幅に減らせるでしょう。取り込んだ洗濯物がリビングに散乱する…といった事態も防げますよ。

●衣類への有害物質の付着を防げて安心

ランドリールームに洗濯物を干せば、花粉や黄砂、PM2.5といった有害物質が衣類に付着するのを防げます。アレルギーの症状がある人や、小さなお子さんがいるなど、有害物質が気になるご家庭にもうってつけです。

実用的なランドリールームを作るためのポイントは?

ランドリールームは、ただスペースを設ければ良いというものではありません。設計によっては、洗濯が負担になってしまう可能性もあります。例えば、二階のバルコニーに洗濯物を干す場合、

  1. 洗濯物をもって二階へ行き、洗濯物を干す
  2. 乾いたら、二階へ行き洗濯物を取り込む
  3. 一階のリビングで洗濯物をたたむ
  4. 二階のクローゼットに洗濯物を収納

この作業だけで、階段を3回上り下りすることになり、大移動となってしまいます。なんて過酷な家事なのでしょうか…。

洗濯が負担にならないように、設計時には次のポイントに注意しましょう。

●家事動線を意識した場所に配置する

人が移動する時の経路を線で表したものを「動線」を言い、この動線が長くなればなるほど移動に時間がかかってしまいます。家事を効率化するためには、家事全般を行う際の動線(家事動線)を短くすることが大切。例えば、ランドリールームをキッチンの近くに配置すると、洗濯と調理の家事が最小限の移動でできて便利です。

●空気の流れを考える

せっかくランドリールームを設けても、洗濯物がうまく乾かないと困りますよね。室内に生乾き臭が漂ってしまうと最悪です。
しっかりと洗濯物を乾かすためには、空調を意識する必要があります。具体的には、室内の風通しを良くした上で、風のあたる位置に物干し竿を配置するのがポイント。さらに、日当たりも確保できれば完璧です。
また湿度が高い季節や雨の日に備えて、エアコンの導入を検討するのもおすすめですよ。

●コンセントの数&位置を確認しておく

ランドリールームでは、アイロンや扇風機、除湿機といった家電を使う可能性も考えられます。そうした際に電源が確保できるように、コンセントの数と位置もしっかり確保しておきましょう。いざという時には延長コードを使う方法もありますが、景観を損ねる上に掃除もしにくくなるので、あらかじめ位置を考えて設置するのがおすすめですよ。

イシンホームのランドリールーム「ウォークスルー洗面乾燥クローゼット」
イシンホームではランドリールームを「ウォークスルー洗面乾燥クローゼット」という名称でご用意。もちろん家事動線にも考慮して、キッチンから10歩以内ですべての家事が行える「家事1/2動線」を意識した設計となっています。

イシンホームの「ウォークスルー洗面乾燥クローゼット」は、洗濯機に物干しハンガー、収納棚が同じ空間に集結!衣類を洗って干すだけでなく、収納もランドリールーム内で行えます。バスルームに直結しているので、衣類の着脱もこの空間内で完結。家族の脱ぎ散らかした洗濯物を集めて回る、なんて手間も省けますよ。

さらに、衣類や洗剤を保管する収納棚は造り付けで標準装備。入居後に購入する必要がありません。バスケットもついているので、小物や下着もスッキリと収納できますよ。

洗濯の負担を大幅にカットできる「ウォークスルー洗面乾燥クローゼット」。興味のある方はお気軽にご相談くださいね。

同じカテゴリの最新記事

家事動線が良い間取りとは? 設計時のポイントを、実例を踏まえて紹介!

家事がしやすい動線

新築で後悔しないポイントとは?

家事がしやすい動線