PM2.5や花粉の侵入を防ぐ! 住まいの換気システムについて

家づくりにおいて、室内の“きれいな空気”にこだわる人は少なくありません。特にアレルギーに悩む人が多い昨今は、PM2.5や花粉などの侵入を防ぎたい、という要望は多いです。そこで注目したいのが、住まいの換気システム。汚染物質の侵入を防いで、きれいな空気だけを室内に取り込む方法についてお話ししましょう。

新築住宅の「24時間換気」が義務化

家づくりの準備を進めていると、「24時間換気」という言葉を耳にすると思います。24時間換気とは、常に外気を取り入れ、室内の空気を排出する住宅設備のこと。2003年には、新築住宅への「24時間換気システム」の設置が義務付けられ、1時間当たりに部屋全体の空気の半分以上を入れ替える必要があると定められました。

そもそも古来の日本家屋は、風通しが良い造りになっており、自然と換気ができていました。ところが現代の住宅は、気密性が高く、断熱効果が高いといったメリットがある反面、換気がされにくいというデメリットがあります。それにより、建材や家具に使われている化学物質や、カビやダニなどが原因となり、シックハウス症候群などの健康被害が懸念されるように…。その対策として建築基準法が改正され、「24時間換気システム」の導入が義務付けられたのです。

換気口から、PM2.5や花粉が侵入する?

住む人の健康被害を防ぐために義務化された「24時間換気システム」ですが、実は換気システムの種類によっては、PM2.5や花粉など外気からの汚染物質が入ってくる可能性があります。一般的に「24時間換気システム」は以下の三種に分類されます。

<第一種換気>

給気と排気の両方を機械で行う換気システム。熱交換器を設置すると、真冬や寒冷地でも、室温を保ったまま換気することが可能です。空気の質や流れをコントロールしやすいですが、2つの換気設備が必要なので、初期投資やランニングコストは高額になることが多いです。

また、自分で掃除しにくい部分があるので、業者へ依頼したり、フィルター交換費用が高かったりと、アフターメンテナンスの費用も考慮しておく必要があります。

<第二種換気>

給気のみを機械で行い、自然排気する換気システムです。室内の気圧が高くなるため、ドアを開けた時などに、外気と一緒に異物が室内に入りづらく、工場やクリーンルームなどでよく採用されます。

その一方で、外気の温度や湿度の影響を受けやすいというデメリットがあります。夏の蒸し暑さや、冬の乾燥した冷気をダイレクトに取り込んでしまうので、気密性の低い建物では、湿気がうまく排気できず、結露に悩まされるケースもあります。このような理由から、一般の住宅に使用されることは、ほとんどありません。

<第三種換気>

排気のみを機械で行います。設置コストやランニングコストが比較的低く、一戸建てやマンションなどに採用されています。

ただ、第一種換気のように、排気する空気から熱を取り出して再利用することはできません。熱を持った空気も排気してしまうため、熱損失は大きく、寒冷地では底冷えしたり、暖房コストが高くなってしまったりする可能性も。また、外気と共に、汚染物質が侵入する可能性はあると考えられるでしょう。

汚染物質を99.8%カットする、イシンホームの家

一般的な住宅の場合、第三種換気を採用しているケースがほとんどですが、イシンホームでは、きれいな空気を取り込み、熱損失の少ない第一種換気システムを採用。独自で「24時間換気」の研究開発に取り組み、「エコアイ換気システム」を開発しました。

その最大の特徴の一つが、給気口に付けられた「アレルノンフィルター」。外気がこのフィルターを通ることで、PM2.5を約98%、花粉を約99.8%除去します。

フィルターは簡単に取り外せて、水洗いができるので、長く使える点もうれしいですよね。

さらに「エコアイ換気システム」は、冷暖房コストの軽減にもなる優れもの。というのも、アレルノンフィルターを通ったきれいな空気は、床下のエコアイ熱交換機で効率的に熱交換されるため、冬は暖かく、夏は涼しく過ごせるんです。ちなみにこの熱交換率は、世界最高クラスの93%となっているんですよ。

また給気口には「プラズマフレッシュ」という装置を搭載。この装置を通過する際に、ウイルスやアレルゲンを除菌・抑制してくれるので、花粉症の方や、小さい子どもがいる家庭も安心です。

そのほか排気口を床に設置しているのもポイント。ハウスダストは床にたまるため、効率的な排気ができ、掃除もとても楽になりますよ。ちなみに、排気口にはインフルエンザ対策フィルターを内蔵。ウイルス菌を廃棄してくれるのも頼もしいですよね。

実際に「エコアイ換気システム」の家で暮らしているお客様からは、

「子どものアトピーがひどかったのですが、イシンホームの家に住み始めてから少しずつ良くなってきました。」

「花粉症の薬の量が、昨年の半分になりました。快適で本当に幸せです。」

「小さい子どもがいるので新型肺炎が心配でしたが、リビングの給気口に除菌機能が付いているので安心して過ごすことができました。」

などの声をいただいています。 見えないところの隠れた技術で、汚れた空気から家族を守るイシンホーム。今回ご紹介した「エコアイ換気システム」は、標準装備なので、追加費用なく導入していただけます。気になる方は、ぜひご相談くださいね。

同じカテゴリの最新記事

新築に太陽光発電を付けるべき? 設置のメリットや設置費用について解説!

暮らしの知恵

除菌・消臭効果が期待でき、美容や家計にもうれしい! 「ナノバブルウォーター」を住まいに導入するメリットについて

暮らしの知恵